本業は……

糸賀様より初めてお電話をいただいた時の会話です
糸「ちなみに平野さんは、メダロットとはどのような関わりを……」
平「メダロット1の時はグラフィックとシナリオ監修とマップレイアウト、イベントスクリプト、2の時はシナリオとマップレイアウトと、イベントスクリプトで3はそれに加えてディレクター、そして4ではシナリオと……」
糸「わ、分かりました! 分かりました!」
……こんな感じでした
細かく言えばゲーム開発全般に関わる業務を他にも色々やっておりましたが、本業はシナリオ屋……です

3+

イッキのその後

私はメダ4で「イッキ編は終わり」と言って出てきたのですが、イッキはメダ4当時小5だったんですよね
むしろ人生これからって年齢です
小学生にして世界大会のチャンピオンになり、月で未知との遭遇をし、メダマスターの称号を得た後、彼は何を思いコンビニ店員となったのでしょうか

ふと、イッキはある日ヒカルから「あとよろしく」と言われて衣装一式ホイッと渡されて……という可能性が思い浮かびました
私が知らない間にイッキに何があったのだろう、と色々想像するのも面白いですね

4+

メダリンピック

メダロットSは、メダリンピックやるんですね
メダリンピックという響き、なんだか懐かしいです
メダリンピックということは、メダロットSでも宇宙へ行くのでしょうか(謎)
メダ3でイッキたちを宇宙に連れて行ったら、大変な目に遭ったことを思い出します

0

宇宙メダロッターXのセル画

宇宙メダロッターXのセル画です

たこ焼き食べてたのかと思いましたが、プリンだったようです
記憶が曖昧になっております
仮面を二重重ねしていた気がするんですが、どうやって食べたんでしょうね?

メダロット開発中に、いただきました
私がランダムにいただいたセル画がコチラでした
今となっては貴重な一枚かもしれませんね

宇宙メダロッターX
1+

メダロック 愛しきロボロボ団

ロボロボ団の歌詞に関しましては、メダロット開発当時、音屋の上司さんが「ロボ~ロ~ボだ~ん♪……ええやろ?」と歌ってらっしゃったので、「ロボロボ団」の部分はそのまま歌詞にしました
音屋さんが歌ってらっしゃったのですから、きっとこれで正解なのだと思います

1+

スズシロボプロジェクトその11だよ♪

両腕とアタマのサーボの取りつけ位置が難しくて、色々試したよ。
こんなカンジとか。
スズシロボPJ_27
こんなカンジとか。
スズシロボPJ_40
こんなカンジとかね。
スズシロボPJ_41
それにしても、フツーの両面テープじゃすぐにサーボがはがれちゃうから、普通→強力→超強力と買って、ついに、もっと強力なテープ買っちゃったよ。
スズシロボPJ_47
今度こそ、しっかりくっついてくれるといいなぁ。
おうちにあったテクノロートっていう曲げられるプラスチックを、ボンドでカラダの外装に取りつけてみたんだ。
スズシロボPJ_42
……色々失敗してできたのが、こんなカンジ。
スズシロボPJ_43
スズシロボ、誕生だね! 歩かせてみよ~!ヽ(*´∀`)ノ
[広告] VPS
まだ腕とアタマは動かしてないし、バランス悪くてすぐこけるし、アタマは座ってなくて歩くと回るけど、一応歩けてる……かな?
ちょ……っ、アブナイよっ!
次はがんばって頭と手足の動きを作ってみようかな。
アタマもちゃんと固定しなきゃっ。
重心も調節しないとすぐこけちゃうし……まだまだモンダイが盛りだくさんだよ~・゜・(ノД`)・゜・
それじゃ、次回をお楽しみに!?

0

スズシロボプロジェクトその10だよ♪

ロボットのぼくのアタマの続きだよ。
上半分は、黄色と青色の粘土をまぜたよ。
スズシロボPJ_36
元はスゴくビビットな色だったのに、まぜたらモスグリーンなカンジになったよ。
でもこれはこれで、アジがあっていいよね。
この時はまだ、アタマのフタは取り外せるようにしてたんだけど、結局見た目のモンダイで外せなくしちゃったんだよね。
紙ヤスリでゴシゴシしたアタマに、磁石で耳をつけたんだ。やっぱりぼくの耳は取り外せないとね。
スズシロボPJ_37
目はぬいぐるみのぼくと同じ、スナップボタンだよ。
口は油性ペン。
なんとなくぼくのアタマと取り替えてみたけど、ちょっとコワイ?
目には、ぼくと同じシールを貼るよ。
スズシロボPJ_38
じっと見てると、目がチカチカしそうだねぇ。
……ま、目のシールはこんなにいらないんだけどね。
アタマの回りには、断線して使えなくなった充電器のコードを使うよ。
スズシロボPJ_45
なんでも残しておくものだねぇ。
腕や足の外装は一ミリの発泡塩ビ板で作ったんだけど、発泡塩ビ板は発泡スチロールカッターで曲げたんだ。
スズシロボPJ_44
単二電池一つで動くんだ。すっごく便利!
スイッチ押してると、大体十秒過ぎた辺りから曲がっていくカンジかな?
ニクロム線がとっても熱くなるから、ヤケドに注意しなきゃね。
結局外装がどんなカンジになったかは、次回のお楽しみだよ♪
それじゃ、まったね~( ´ ▽ ` )ノ

0

スズシロボプロジェクトその9だよ♪

アタマのサーボを固定するために、ネジで中にアルミの板をつけたよ。
スズシロボPJ_31
ネジが目に見えるけど、実はアタマの後ろなんだよね~。
アタマにサーボを入れて、動作確認だよ。ちゃんと動くかな?
[広告] VPS
うんうん。ちゃんと動いたね!
メロン玉に粘土をつけて作った、ぬいぐるみのぼくのアタマの元だよ。
スズシロボPJ_32
こんなカンジで、ロボットのぼくのアタマも作っていくよ。
……う~ん。ぬいぐるみのぼくのアタマの元なのに、ジツブツとダイブ違ってない?
スズシロボPJ_33
不思議だな~。
ぼくのカラダは、CCレモン♪
スズシロボPJ_34
おうちにあったアクリルガッシュで、中から白くぬってみたよ。
メロン玉に、粘土をつけていくよ。モリモリ。
スズシロボPJ_35
エンジェルクレイっていう、乾いても弾力が残る粘土なんだって。プニプニ。
アブラ粘土のぼくのアタマの元とは、ダイブ違ったカンジだね。
今回はここまでだよ。
次も、ロボットのぼくのアタマを作っていくよ。
お楽しみに~♪

0

スズシロボプロジェクトその8だよ♪

いよいよダンボットくんを歩かせてみるよ!
上手に歩けるかな?
[広告] VPS
……あれぇ? なんだかヘンだな~?
も一回プログラムして、歩かせてみよ~。
[広告] VPS
今度は上手に歩けたね!
リモコンの音量ボタンで、歩く速さも変えられるんだ~。
次は、外装を作るよ!
シャーベットの容器を用意したよ。
スズシロボPJ_28
左からブドウ玉、メロン玉、ピーチ玉だよ。
ぬいぐるみのぼくのアタマはメロン玉が元になってるから、やっぱりロボットのぼくもメロン玉かな?
メロン玉の底に、穴を開けたよ。
スズシロボPJ_29
どうでもいーけど、上にも下にもフタがつけられるようになったよ。
スズシロボPJ_30
特にイミはないけど、シャーベットの容器いっぱいゲットしたから、遊んでみよっと。
スズシロボPJ_46
……今回は、ここまでだよ。
次も、外装の続きをやるよ。
お楽しみに~♪

0

スズシロボプロジェクトその7だよ♪

前回ひっくり返したダンボットくんをまたひっくり返して、サーボに両面テープを貼るよ。
スズシロボPJ_20
両面テープを貼ったサーボに板を貼りつけたら、またまたひっくり返すよ。
スズシロボPJ_21
電池ボックスを輪ゴムで大きな板にとりつけるよ。
スズシロボPJ_22
電池ボックスの上に、基盤を載せて輪ゴムでとめるよ。
スズシロボPJ_23
番号を書いたマスキングテープをサーボに貼ったら、サーボの線をピンにさしていくよ。
ピンとサーボの番号は、同じにしてね。
スズシロボPJ_24
サーボの線を、マスキングテープでまとめるよ。
ぼくとおそろいの、黄緑色のテープにしたよ~♪
スズシロボPJ_25
やったね!
ダンボットくんが、でききたよ!
スズシロボPJ_26
……次は、リモコンでサーボの動きを作って、歩けるようにするよ。
うまく歩けるかな?
お楽しみに~♪

0