ふぁいてぃんぐ・ふぁんたじ~✩その2

スズシロだよ
今回はふぁいてぃんぐ・ふぁんたじ~の続きだよ~。
需要がなくても気にしない~♪


前回、カイトくんとテツくんが井戸に飛び降りてケガしたって言ってたけど、よく考えてみたらケガですんでないよね~。
ホントのお話じゃなくて、よかったね♪
というワケで、仕切り直しだよ。
前回の反省を踏まえて、みんなロープを伝って降りたってことで。
キミたちは今、干あがった井戸の底にいるよ。
テツ:開始早々墜落死するし、散々だぜ。
こっからは慎重にいくぞ。
カイト:おう。慎重に行けよ!
テツ:お前に言ってるんだっ(怒)
スズシロ:あははは~。
テツ:お前も笑ってんじゃねー!
ちゃんと仕事しろっ。井戸の底はどうなってんだ?
スズシロ:壁は乾いてるけど、足元はぬかるんでるんだって~。
細い道が北に向かって伸びてるぅ。
ファイティング・ファンタジー01
スズシロ:どーくつの絵は、ご主人が描いてくれたよ~。
間に合わせだけど、ガマンしてね~。
ドクロくんがチャームポイントだよ♪
テツ:(スルー)他に何が見えるんだ?
スズシロ:う~ん。暗くてよく見えない~。
……あ。言い忘れてたけど、キミたちはそれぞれ、
・剣
・背負い袋
・ランタン
・食料(二食分)
……を持ってるよ。
それから、
・技量回復薬
・体力回復薬
・運勢回復薬
……のウチのどれか一つを持ってるみたい~。
テツ:大事なこと忘れてんじゃねーよ。
スズシロ:ゴメンゴメ~ン。説明書とか、読むの面倒だからぁ、つい~。
カイト:分かるぜ~。俺も説明書は読まねー主義だ!
テツ:……ふざけんなよ、お前ら(怒)
スズシロ:お薬は、一回飲めば全回復らしいよ。
夢のようなお薬だね~。
テツ:意味深な言いかたすんなよな(汗)
スズシロ:え~? 何が~?(すっとぼけ)
カイト:そんじゃ、オレは体力にするぜ!
テツ:俺は技量で。
キセキ:えと……私は運、で。
スズシロ:オッケ~。じゃあ冒険を続けるよ。
キセキ:ランタンに火を、灯します。
カイト:おう! 任せたぜ、キセキ!
スズシロ:まあ、一人灯してたら見えるんじゃない~?
明るくなったら見えてきたよ~。
道がまっすぐ二十メートルほど続いた先に、がんじょうなドアがあるんだって。
ファイティング・ファンタジー02
テツ:…………。
明らかに、元々高くなかったクオリティーが下がってね?
スズシロ:このやっつけ感がたまんないよね~。プププ。
カイト:ドアの上についてるのって、薄毛のオッサン的なモンか?
スズシロ:ドクロくんのアタマから、クモの脚みたいなのが生えてるんだって~。
テツ:なかなかひでぇな。まあいいや。
ドアに鍵はかかってんのか?
スズシロ:試してみればぁ?
テツ:じゃあ、慎重に……。
カイト:ドアノブ、ガッチャガッチャ。
スズシロ:鍵かかってるみたい~。
テツ:お前な……(疲)
カイト:じゃあ体当たりだぜー! おりゃーっ!!
スズシロ:サイコロコロコロ……開かな~い。
なんか声が聞こえてきたよ~。
えーと……なんかムズカシげなこと書いてるけど、簡単に言うと「中に入ったら死ぬよー」的な~。
テツ:ただでさえ間の抜けた顔と声してんだから、せめてもうちょっと雰囲気作りの努力をしろよ……。
カイト:開いてねーなら、もう一回体当たりだぜー! おりゃーっ!!
スズシロ:カイトくんが体当たりするとドアがすっと開いて、カイトくんはおへやの中にころがりこんじゃったよ。
アタマ打って、体力に1ダメージ~。
カイト:いってぇー。
〔頭をさする〕
キセキ:大丈夫? カイト。
〔カイトに駆け寄り、頭をなでる〕
テツ:チクショー! 見せつけてんじゃねーぞっ(泣)
スズシロ:じゃ、今回はここまで~。
テツ:唐突だな。


続きがあるかどうかは、ご主人次第だよ~。
それじゃ、まったね~♪

0
カテゴリーTRPG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です